« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

MakeMKV Beta Version 1.4.10

MakeMKV Beta Version 1.4.10

http://www.makemkv.com/download/

バージョンアップしていました。更新履歴を見ると
http://www.makemkv.com/download/history.html
対応するオーディオ・フォーマットが増えています。「instant video streaming」って何でしょうね。これから試してみます。

ちなみに、試用期限は(ここの環境では)2010年2月22日迄です。他の環境ではどうなんでしょう?

|

2009年12月28日 (月)

TMPGEnc4XPBatch.exe と EffcvLayerImageEffect.vme と イベントビュー

イベントビューに、履歴が残っていました。

「障害が発生しているアプリケーション TMPGEnc4XPBatch.exe、バージョン 4.7.4.299、タイム スタンプ 0x3b8a390e、障害が発生しているモジュール EffcvLayerImageEffect.vme、バージョン 1.1.2.9749、タイム スタンプ 0x2a425e19、例外コード 0xc0000005、障害オフセット 0x00002670、 プロセス ID 0x175c、アプリケーションの開始時刻 0x01ca86fc9103bbb0。」

CUDAの不具合じゃないような気が。。。調べて思ったのですが、「.vme」は、ペガシス謹製ですよね。。。

で、mini.dmp。

This dump file has an exception of interest stored in it.
The stored exception information can be accessed via .ecxr.
(1d08.1f50): Access violation - code c0000005 (first/second chance not available)
eax=0fffcd90 ebx=0e00ebdc ecx=00001f50 edx=00000000 esi=08931044 edi=00000001
eip=08932670 esp=0012f92c ebp=0012f94c iopl=0         nv up ei pl nz na pe nc
cs=001b  ss=0023  ds=0023  es=0023  fs=003b  gs=0000             efl=00210206
*** WARNING: Unable to verify checksum for EffcvLayerImageEffect.vme
*** ERROR: Symbol file could not be found.  Defaulted to export symbols for EffcvLayerImageEffect.vme -
EffcvLayerImageEffect+0x2670:
08932670 8b00            mov     eax,dword ptr [eax]  ds:0023:0fffcd90=????????

この辺の問題?

|

2009年12月27日 (日)

TMPGEnc 4.0 XPress と CUDA (その後)

TMPGEnc 4.0 XPress Version.4.7.4.299 で、再び読み込み違反が発生しました。今度はバッチツールです。CUDAは全然関係が無いと思うのですが。。。スタート画面の「バッチエンコードツール(B)」でも、エンコード画面の「バッチエンコードツールへ登録」でも発生します。
元々GPUが非力で、ほとんどの場合「CUDAを使用」にしてもCPUが100%処理をしていたので、CUDAが使えなくても被害は少ないのですが、バッチエンコードが使えないのはかなり痛い不具合です(でも、環境依存と言われればそれまでなので。。。)orz。
00_tmpgenc_express_batch_encode_too

2010年2月2日 追記

nVidiaのドライバーを196.21に更新したら、ここの環境では直りました。更新順からすると、ちょっと理由が判りません。

|

2009年12月20日 (日)

MediaInfo GUI Version.0.7.26

MediaInfo GUI が バージョン・アップされていました。 Version.0.7.26です。

http://mediainfo.sourceforge.net/ja

最初から日本語化されているので、使いやすいと思います(こんな感じ)。

00_mediainfo

プライマリ音声のPCMが、4608÷96÷2=24bit

セカンダリ音声のPCMが、4608÷48÷6=16bit(5.1CHは6チャンネル)

重宝しています。

|

2009年12月19日 (土)

TMPGEnc 4.0 XPress と CUDA と TVTest

PEGASYSのTMPGEnc 4.0 XPressがバージョンアップしました。Version.4.7.4.299。しかし「モジュール  'UtilsCUDA.vme' のアドレス 08CDB7D5 でアドレス 00000000 に対する読み込み違反がおきました」が発生し、起動できません。

00_tmpgenc

どうやら、現在の環境(Vista Home Premium SP2)だと、 TVTest (Ver.0.6.1)が起動している状態で、 TMPGEnc 4.0 EXpress を起動すると発生するようです。で、TVTestを起動させずに TMPGEnc 4.0 EXPress を起動すると、

08_tmpgenc

が表示され、「続行」をクリックします(おお無事起動)。

09_tmpgenc_mini

ここで、「オプション」-「環境設定」から、「NVIDIA CUDA 2.0 の設定」の変更します。

12_tmpgenc_2 

「OK」をクリックし、 TMPGEnc 4.0 EXPress を再起動します。すると、

13_tmpgenc

「はい」をクリックします。

14_tmpgenc

どうやら、 CUDA は使えないようです。 

|

2009年12月15日 (火)

MKVToolnix v.3.0.0

MKVToolnix

http://www.bunkus.org/videotools/mkvtoolnix/index.html

http://www.videohelp.com/tools/mkvtoolnix

最新バージョンがリリースされました。早いですね。

こちらには、未だアップされていないようです。

http://www.bunkus.org/videotools/mkvtoolnix/win32/pre/

英語圏でない、VistaとWindows7での文字化けを直したみたいです(本当かな?)。。。とりあえずmkvinfo.exeは直っていました!!

と、書いたのですが、やはり微妙におかしいです。やはり

set Lang = en

が必要でした。

|

2009年12月12日 (土)

AnyDVD HD と DVDFab HD Decrypter のディスカウント

AnyDVD HDが期間限定で20%のディスカウントです。

http://www.slysoft.com/ja/purchase.html

109ユーロ(無期限?更新)が79ユーロ(2年更新と同じ価格)になって、さらに20%オフです。で、63.20ユーロ。12月31日までです(8,229円:1ユーロ=130.1987円で計算)。

http://finance.yahoo.com/currency-converter#from=EUR;to=JPY;amt=1

DVDFab HD Decrypterも期間限定で20%のディスカウントです。

http://www.dvdfab.com/order.htm

サイトのカートに入れてからcoupon codeを入力すると、20%オフになります(要[Update cart]ボタンのクリック)。105.6ドル(無期限?更新)が84.48ドル。12月13日までです(7,527円:1ドル=89.095円)。

http://finance.yahoo.com/currency-converter#from=USD;to=JPY;amt=1

実は先週も、DVDFab HD Decrypterはディスカウントを行っていて、その時は12/6までになっていました。

それで、先週「AnyDVDも、もうすぐクリスマスセールかな」と思いつつも、

(1)AnyDVDのセールがまだ始まっていない

(2)円高

と勝手な理由づけで、DVDFab HD Decrypterをぽちってしまいました。本当は、試用版のAnyDVD(6.6.0.3)で化物語の第三巻のリッピングができなかったのが理由なんですけど。

|

2009年12月 6日 (日)

MKVInfo.exe と 「送る」 とバッチ・ファイル

Vistaの場合、エクスプローラーの右クリックで表示される「コンテキスト・メニュー」の「送る」は、

C:\Users\xxxxxxxx\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo (xxxxxxxxはユーザー名)

になるので、デスクトップに「SendTo」フォルダーへのショートカットを貼り付けて管理している。

MKVToolnixがバージョンアップしたので、ついでにMKVInfoのためのバッチ・ファイルを「SendoTo」に置き、右クリックの「送る」で処理するようにした。

バッチ・ファイル

ここから==============>

set Lang=en
"c:\Program Files\mkvtoolnix\mkvinfo" %1
pause

<===============ここまで

または、

ここから==============>

set Lang=en
"c:\Program Files\mkvtoolnix\mkvinfo" -g %1
pause

<===============ここまで(GUIバージョン)

「24Bit、96kHz、2CHのLPCM」+「16Bit、48kHz、5.1CHのLPCM」+MPEG2のBlu-rayから、MakeMKV V.1.4.9を使ってMKVファイルを作成したが、やはり上手くいかない。

MKVInfoでは、「24Bit、96kHz、2CHのLPCM」になっているが再生できないし、「16Bit、48kHz、5.1CHのLPCM」はMKVInfoでは

(MKVInfo) |  + Codec ID: A_MS/ACM at 605

となっているせいか、Demuxが上手くいかない(MPC-HCだとなんとか再生はできる)。24BitのLPCMに対応するのはいつになるのだろう。。。

|

2009年12月 1日 (火)

MakeMKV Beta Version 1.4.9

MakeMKV Beta Version 1.4.9

http://www.makemkv.com/download/

バージョンアップしていました。更新履歴

http://www.makemkv.com/download/history.html

を読んでも、LPCMに対応したようには思えませんが、試してみます。

http://www.makemkv.com/forum2/viewtopic.php?f=1&t=559

無理かな。

|

nVIDIA GeForce195.62

nVidiaのドライバーが更新されました。

http://www.nvidia.co.jp/object/win7_winvista_32bit_195.62_whql_jp.html

PIX-DT012-PP0のBS1、2も、問題が無いようです。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »