« MPC-HC V.1.3.1249 DXVAサポート | トップページ | m2tsのDemux »

2009年11月22日 (日)

CCICONVとバッチ・ファイル

tsファイルの処理

バッチ・ファイル ここから====>

rem @echo off

:START
if /i %~x1==.ts (goto TS)
if /i %~x1==.m2ts (goto M2TS)

:TS
C:
cd "C:\TOOL\TsSplitter"
TsSplitter.exe -SD -1SEG %1

cd "C:\TOOL\GuiForBackupBDAVforV1\GuiForBackupBDAVforV1\"
cciconv188.exe "%~dpn1_HD.ts" "%~dpn1_HD_cci.ts" -er 

goto SKIP1

:M2TS
C:
cd "C:\TOOL\GuiForBackupBDAVforV1\GuiForBackupBDAVforV1\"
cciconv192.exe %1 "%~dpn1_cci.m2ts" -er 

:SKIP1
pause

<====ここまで

バッチ・ファイルにtsファイルをドラッグ&ドロップします(またはバッチ・ファイルをSendToに置いて、右クリックから送るでバッチ・ファイルを選択)。TsSplitter Ver1.23でHD映像のみ残し、cciconv188でcci情報を削除します(m2tsファイルの場合は、直接cciconv192を使用します)。ファイルは消去しないので、HDDには元ファイルの倍のサイズの空きが必要です。

|

« MPC-HC V.1.3.1249 DXVAサポート | トップページ | m2tsのDemux »

DTV」カテゴリの記事